2015年10月18日

介護用のトイレリフォームが必要となる日が

ウチの親はまだまだ元気です。
元気ですが、将来のことを考えると介護用の
リフォームが必要になってくるかもしれません。



たとえばお風呂。ドアの部分に段差があります。
高さは10pくらいかな。



今はイイですが、そのうちこの段差が危険になる日が
くるのもそう遠くないかもしれません。



そして、トイレ。ここはバリアフリーなので段差は
問題ないですが、手すりがついていませんし、



用を足した後は、起き上がって振り返ってから
水を流すレバーを操作しないといけません。



将来的には自動で流れる機能にしなくてはと
考えています。




介護用のトイレリフォームなどには補助金が出る
という情報を得たので色々と調べてみました。



資格要件としては、要支援または要介護1〜5認定を
受けた在宅介護者が自宅を介護用にリフォームすると
介護保険から補助金が出るそうです。




補助金で補えるのは介護用リフォーム費用の90%
かつ最高20万円までとのことです。



つまり工事費用が20万なら自己負担は2万で
済むという事ですね。これならかなりお得感があります。



親にはまだこんな話をすると怒られるので
あくまでも知識としていざという時に慌てないよう
覚えておきたいと思います


posted by エールザ at 17:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。